アンセリン

ここでは、痛風対策のために食事で積極的に摂って行きたい栄養成分、アンセリンにかんする情報をまとめています。尿酸値を下げるのにお役立ていただける情報だと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

尿酸値を下げる?アンセリンが痛風対策におすすめの理由

痛風に良いと言われるアンセリン。ちょっと聞き慣れない言葉ですが、マグロやカツオといった長距離を泳ぐ回遊魚の筋肉に多く含まれているため、持久力や運動能力に大きな関係があるのではないかと期待され、研究が進められている成分です。

動物の筋肉に含まれているペプチドで、2種類のアミノ酸が結びついた構造をしています。

近年の研究結果によると、長時間運動する際の運動能力の向上だけでなく、痛風を予防・改善する効果・疲労回復効果・アンチエイジング効果・生活習慣病の予防効果など、さまざまな健康効果が期待できると報告されています。

アンセリンが痛風を予防・改善する効果があるのは、尿酸値を下げる作用があるため。

実際に、尿酸値降下作用に関する試験では、アンセリンを摂取するとおよそ2週間で尿酸値が下がる傾向がある、と確認されています。尿酸値が高めの方にはありがたい成分といえます。

アンセリンが尿酸値を下げる仕組み

では、アンセリンがどのような仕組みで尿酸値を下げるのか、なるべくわかりやすく説明してみましょう。

まず、アンセリンの働きは、尿酸が増えすぎるのを抑える作用と、不要な尿酸の体外排出を促進する作用とに分けることができます。

尿酸が増えすぎないようにする仕組みとは

尿酸は、プリン体が分解されて出来ます。そのため、尿酸が増えすぎないようにするには、このプリン体の分解を抑える働きが必要です。

この点、アンセリンには、HPRT(ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ)という、プリン体を分解前の状態に戻す酵素を増やす働きがあり、結果的に尿酸の増加を抑制してくれます。

尿酸の増加を抑える働きのほかに、アンセリンはエネルギーの代謝にも関係しています。積極的にアンセリンを摂取しながら、適度な運動など生活習慣の改善をあわせて実践すれば、より健康状態を保てるようになるでしょう。

尿酸の排出を促進する仕組みとは

疲労や飲酒などが度を過ぎた場合、体内には乳酸が溜まるのですが、実はこれが尿酸の排出をジャマしています。

アンセリンは乳酸の代謝を促す成分、LDH(乳酸脱水素酵素)を増やすことで、尿酸の排出も促進してくれます。

このように、アンセリンは尿酸を必要以上に増やさず、余った分を排出するといった両面から、健康をサポートしてくれるのです。

そもそもアンセリンという成分はどんな成分か

アンセリンは、尿酸値を下げるための成分として非常に期待が持てる存在です。

その成分としてはどんなものなのか、簡単に説明しておきましょう。

アンセリンは、βアラニンとメチルヒスチジンという2つのアミノ酸が結合した、イミダゾールペプチドの一種です。

1929年に動物の筋肉から見つかった成分で、高い抗酸化作用・疲労回復作用を持つことから研究が進められてきました。

アンセリンを特に多く含むと言われているのが、マグロ・かつおなどの大型の回遊魚で、これらが海を泳ぎ続けられる理由に、アンセリンの力が大きく関係しているとされています。

注目すべきアンセリンの抗疲労作用とは

アンセリンの働きとしてもうひとつ憶えておきたいのが、上でも触れた抗疲労作用。これは、心身ともにストレスを抱える現代社会においては見逃せないポイントです。

疲れがたまると、自己管理が投げやりになりがちです。痛風の改善に食生活の見直しが必要不可欠であることを考えると、疲れにくい身体作りもしっかりと意識したいところ。

そういった意味でも、アンセリンは直接的・間接的に痛風の改善をサポートしてくれる、というわけです。

他にも期待できるアンセリンの健康効果

尿酸値対策や疲労の軽減だけでなく、アンセリンにはさらに健康に役立つ効果があります。

  • 抗酸化作用

アンセリンなどのジペプチドは、ヒスチジン含有ジペプチド=HCDPと呼ばれていますが、これらには抗酸化作用があることがわかっています。

抗酸化作用のある成分としてはビタミンB群やビタミンC、β-カロテンやポリフェノールなどが知られていますが、アンセリンもそうした栄養成分の一種というわけです。

  • 血圧降下作用

アンセリンには血管拡張作用があるといわれています。これは環状グアノシン一リン酸を増やすことで血管周辺の平滑筋を柔軟にして、結果的に血流をよくして、血圧を下げてくれるというわけです。

血圧が高いと、血管に負担がかかり、さまざまな病気の原因になります。高血圧に不安がある人は、とくに要チェックの効果といえます。

  • 抗炎症作用

アンセリンには抗炎症作用があることもわかっています。アンセリンは、尿酸や乳酸の排出をサポートする成分です。体内の炎症で代表的なものは筋肉痛ですが、これは乳酸が溜まって引き起こされるもの。

また、痛風の炎症は、尿酸が溜まって引き起こされます。アンセリンがもつ作用で、結果的にこれらの炎症が抑えられる、という理屈です。

  • 運動時の持久力向上

回遊魚や渡り鳥の筋肉から抽出されるアンセリンには、運動時の持久力をアップさせる働きがあるともいわれています。

長時間にわたる継続的な運動に必要となる成分で、これを日常的に摂取するように心掛けることで、筋肉の持久力が高まる効果も期待できます。

  • アンチエイジング作用

身体の老化と密接に関係するのが活性酸素。これが加齢とともに体内で増加することで肉体は衰えていきます。

それに対して、アンセリンは疲労感を軽減することもあり、筋肉や肌へのダメージを抑えて老化を抑える、いわゆるアンチエイジングの働きも期待できるわけです。

生活習慣病予防

尿酸を減らす作用や疲労を軽減する作用は、総合的に見て生活習慣病全般にも好影響を与えます。

活性酸素の増加は肉体的・精神的ストレスなどにも関係があり、これが血中尿酸値の増加にも悪影響を及ぼすわけですが、活性酸素を多少なりとも増やさないようにすれば、痛風だけでなく動脈硬化や高血圧、腎不全などの生活習慣病にも好影響が期待できるわけです。

食事でも取れるアンセリン

マグロ、カツオ、サケ、サメなどの魚や、鳥類の筋肉に多く含まれているアンセリン。非常に優秀な健康成分ですので、できるならば毎日積極的に摂りたいものです。

中でもとくに、マグロやカツオの含有量が圧倒的に多いため、これらを中心に献立を組み立てるとよいと思います。

ただ、毎日献立に気を使っても、どうしても飽きが来てしまうこともあるでしょう。金銭的な負担も、無視できません。

そのため、アンセリンを摂る際は、サプリメントなどを活用するのもおすすめです。注目度の向上にともない、アンセリンを含んだサプリメントも続々と登場しています。

こうしたものを活用し、日々の献立を無理のない範囲で見直しながら、負担のない食生活を送れるよう工夫してみてください。

おすすめのアンセリンサプリメント

恵葉プレミアムの画像

引用元:jnet-store
http://jnetstore4.com/
SHOP/keiyop-01.html

  • 商品名
    恵葉プレミアム
  • 主な配合成分
    アンセリン(1日約500mg)、キャッツクロー、ケルセチン、葉酸(ほうれん草)、ビタミンC(レモン)、海藻、ヨモギ、酸化マグネシウム
  • 公式サイト
    http://www.jnet-store.com/lp/keiyop/z01/

評判の痛風対策サプリメント3選

恵葉プレミアム

価格
7,980円(税込)
配合成分
アンセリン・キャッツクロー・ケルセチン・葉酸(ほうれん草)・ビタミンC(レモン)・海藻・ヨモギ・酸化マグネシウム

公式サイトはこちら

サン・アンセリン

価格
9,612円(税込)
配合成分
アンセリン・エゾウコギ・ステアリン酸カルシウム

公式サイトはこちら

慈凰

価格
9,800円(税込)
配合成分
海洋性アンセリン・菊花ポリフェノール・シークワーサーフラボノイド・赤ワインエキスほか

公式サイトはこちら

痛風に良い食事を食品別にチェック
パン・ご飯
肉・魚
野菜・果物
飲料
食材ごとのプリン体含有量一覧
痛風対策に注目されている健康食品成分
クエン酸
アンセリン
DHA
ビタミンE
ほんとうに怖い痛風の原因と治療法
そもそも痛風とは
主な治療法について
通風の食事制限を無理なくこなすコツ
症状を緩和する食生活について
女性にも増えている痛風対策
20代でも気をつけたい痛風対策
切っても切れない痛風と尿酸値の関係
尿酸値が高いと起こる病気
尿酸値を下げるには
特集!
尿酸値を下げる成分を含むサプリ一覧
恵葉プレミアム
白井田七
慈凰
菊花ポリフェノール
オリーゼ210
サン・アンセリン
アンセリン 30日分
アンセリンB
DHA&EPA+セサミンEX
のみたいな