飲料

ここでは、痛風対策や尿酸値を下げるために欠かせない、水やお茶などの飲み物にかんする情報をまとめています。

尿酸値を下げるために重要な役割を果たす飲み物

お茶の画像痛風の人や高尿酸血症の人は、1日あたりに排出する尿の量は2リットル程度が良いと言われています。

健康な人の場合、1日あたりの尿量は1~1.5リットルですから、実質倍近くの尿を排出しなければなりません。

その理由は、痛風の原因である尿酸を尿から排出し、尿酸値を下げるため。

1日2リットルの尿量を確保するためには、1日2リットルの水分を摂取する必要がありますが、重要なのは糖分を含むジュースやスポーツドリンク、カフェインを含むコーヒーや緑茶ではなく、水やノンカフェインの麦茶・ウーロン茶などの飲み物を摂ることです。

糖分をたくさん含む飲み物はカロリーが高いですし、コーヒーなどで排尿を促す成分を摂りすぎると、体の中の水分が減ってしまいます。

体が脱水気味になると尿酸値が上がってしまい、むしろ痛風を悪化させる可能性もあるので、コーヒーや緑茶は1日1~2杯程度にしておきましょう。

とにかく水をたくさん飲む!

結論から言いますと、痛風時の大敵である尿酸値を下げるのに適した飲み物は、水です。

特に、アルカリイオン水は利尿作用が高く、水分を効率良く吸収できるため尿量が増え、尿酸値の改善に繋がります。そして、結晶化した尿酸が溶けだすようになれば痛風の症状はかなりは和らぐはずです。

また、水と同じくらい摂取したいのが、尿酸値を下げるとされる健康成分

とくに注目なのはアンセリンという成分で、こちらは尿酸の量が多くなりすぎないように調整し、身体の外へ排出するのを助ける効果があるとされています。

この成分は動物の筋肉、とくにマグロやカツオ、鮭などに多く含まれていて、尿酸値への効果の他にも抗疲労効果・抗酸化作用・血圧調整等さまざまな健康効果で注目を集めています。

血液と違い、尿のPh値(酸性とアルカリ性の偏り)は、こうした飲み物や食べ物によく左右されますので、意識して食事メニューを改善していけば、着実に尿酸値を下げることができるはずです。

牛乳が尿酸値を下げるのに効果的!その理由は?

そもそも痛風とは何か?というと、これは尿酸値が高くなることにより発生するトラブルです。つまり、尿酸値を下げることが痛風を改善させるために欠かせないわけですね。 一般的に痛風を予防したり改善するためには、いかにプリン体を避けるか?ということばかり考えてしまいがちです。しかし、尿酸値が高くなっている場合は食事から摂取するプリン体以外にも気をつけなければならないことがあります。 それが体の中で細胞によって作られるプリン体です。人間の体の中で細胞の働きによってプリン体が作られています。

いくら外から取り入れるプリン体に注意していたとしても、体内でたくさんのプリン体が作られていたら意味がないですよね。しかし、体内で作られるプリン体を減らすのは簡単なことではありません。 ここで少し考え方を変えて、どうすれば作られたプリン体を体内に留めず、排出できるのか?について考えてみましょう。人間の体内にはプリン体を作り出す働きもあれば、排出する働きもあります。

そもそも、体内で作られるプリン体は排出する機能によって大部分が排出されるため気にする必要がないのです。しかし、尿酸値が高い傾向にある方は排出機能がうまく働いておらず、細胞が作ったプリン体を溜め込んでしまう傾向にあります。 プリン体の排出機能を低下させる理由はいくつかあり、代表的なものは肥満と体質です。痛風を改善・予防させるためにはダイエットが必要と言われることがあります。スリムな体を手に入れることにより、尿酸の排出機能を助けることができます。

ただ、ダイエットをしたからといってすぐに効果があるとは限りません。それよりも今すぐに始められる尿酸の排出機能を高めるために効果的な方法があります。 それが牛乳を飲むこと。

牛乳にはカゼインという成分が含まれています。カゼインは胃腸で分解されて、アラニンという成分に変わります。 このアラニンが尿酸を体外に排出する機能を持った腎臓に働きかけ、痛風になるのを防いでくれるわけです。 実際に1週間程牛乳を飲み続けたところ数値に変化があった方もいます。

デメリットはある?

牛乳はあくまで尿酸値を下げる働きが期待できる飲み物であって、薬ではありません。そのため、過信しすぎないようにしましょう。 効果には個人差があるので、牛乳を飲んでいるから多少プリン体が多いものを摂り過ぎても大丈夫、と考えるのは危険です。

継続して牛乳を取り入れていても思うように変化が実感できない方もいます。実際に毎日牛乳を飲んでいても痛風になる方もいるわけなので、牛乳さえ飲んでいれば絶対に痛風の心配はないとは言えません。 いくら牛乳を取り入れていたとしても、それ以上にプリン体を大量に摂取していれば意味がないので気をつける必要があります。

効果的な摂取方法と飲む量

通常の牛乳は脂肪も多く含んでいるため、毎日飲むことを考えると低脂肪のものを選択しておくのがおすすめです。 毎日飲む量はコップ一杯程度で構いません。たくさん飲めば飲むほど高い効果が得られるわけではないので注意しておきましょう。

牛乳のほか、ヨーグルトでも良いとされていますが、豆乳では効果がないそうなので気をつけてくださいね。 牛乳が持っている痛風への働きについてご紹介しましたが、ほんの1回飲んだ程度では大きな変化が得られるわけではありません。1週間ほどで数値が大きく下がる方もいますが、最低でも2週間以上は継続して取り入れてみましょう。

つい飲むのを忘れてしまう方は朝食のときに必ず取り入れるなど自分で飲むタイミングを決めておくと習慣にしやすくなります。

評判の痛風対策サプリメント3選

恵葉プレミアム

価格
7,980円(税込)
配合成分
アンセリン・キャッツクロー・ケルセチン・葉酸(ほうれん草)・ビタミンC(レモン)・海藻・ヨモギ・酸化マグネシウム

公式サイトはこちら

サン・アンセリン

価格
9,612円(税込)
配合成分
アンセリン・エゾウコギ・ステアリン酸カルシウム

公式サイトはこちら

慈凰

価格
9,800円(税込)
配合成分
海洋性アンセリン・菊花ポリフェノール・シークワーサーフラボノイド・赤ワインエキスほか

公式サイトはこちら

痛風に良い食事を食品別にチェック
パン・ご飯
肉・魚
野菜・果物
飲料
食材ごとのプリン体含有量一覧
痛風対策に注目されている健康食品成分
クエン酸
アンセリン
DHA
ビタミンE
ほんとうに怖い痛風の原因と治療法
そもそも痛風とは
主な治療法について
通風の食事制限を無理なくこなすコツ
症状を緩和する食生活について
女性にも増えている痛風対策
20代でも気をつけたい痛風対策
切っても切れない痛風と尿酸値の関係
尿酸値が高いと起こる病気
尿酸値を下げるには
特集!
尿酸値を下げる成分を含むサプリ一覧
恵葉プレミアム
白井田七
慈凰
菊花ポリフェノール
オリーゼ210
サン・アンセリン
アンセリン 30日分
アンセリンB
DHA&EPA+セサミンEX
のみたいな