肉・魚

肉・魚のプリン体含有量やおすすめの食べ方など、痛風対策のための情報をまとめています。

プリン体多め!痛風対策で気をつけたい肉や魚の摂り方

肉の画像ひと昔前、痛風は「贅沢病」と言われていました。これは、肉・魚・お酒など、当時は高級だった食品を日常的に摂っている人たちが、多く発症していたためです。

しかし、日本は豊かになりました。お肉や魚などはスーパーに行けば簡単に買えますし、食事メニューの中心的存在です。痛風は誰でも発症する恐れのある病気だと言えます。

だからこそ、食事の摂り方には十分に気を使う必要があります。

食品ごとにプリン体の含有量を調査したリストを見ると、全体的に肉や魚にはプリン体が多く含まれていることが分かります。

特に多く含まれているのは、あん肝/399mg、鶏肉レバー/312mg、白子/305mg、といった肉や魚の内臓類です(痛風患者の1日のプリン体摂取目安は400mg以内)。

一般的に、肉よりも魚の方が体に良いと思われがちですが、種類によってはプリン体が多く含まれているので注意が必要です。

プリン体は水に溶けやすく、煮干しでとったダシや煮汁にもプリン体がそのまま含まれてしまうことも覚えておきましょう。

これで安心!肉や魚を摂る時のポイント

とはいえ、肉や魚を絶対に食べてはいけない、というわけではありません。

例えば、お肉なら鶏のささみや鶏のひき肉を用いると低カロリーに抑えることができますし、不飽和脂肪酸を含む豚ひれ肉などはコレステロールの蓄積を防いでくれます。このほか、ビタミンB1を豊富に含む豚もも肉は、肥満の改善効果が期待できます。

また、魚なら、あじ、いわし、さば、さんまなどの白身魚は、プリン体の含有量が比較的少なくお勧めです。

肉類は食べる部位に気をつけ、魚類は魚の種類を選ぶことで、プリン体の過剰摂取が避けられます。

魚類・肉類、いずれを摂取するにせよ、それぞれの成分特徴をしっかり把握し、メニューを組み立てていくことが大切です。

最近は、尿酸値にはたらく成分を含んだ健康食品も多く販売されていますので、こうしたものを組み合わせながら、負担のない範囲で工夫をしてみてください。

評判の痛風対策サプリメント3選

恵葉プレミアム

価格
7,980円(税込)
配合成分
アンセリン・キャッツクロー・ケルセチン・葉酸(ほうれん草)・ビタミンC(レモン)・海藻・ヨモギ・酸化マグネシウム

公式サイトはこちら

サン・アンセリン

価格
9,612円(税込)
配合成分
アンセリン・エゾウコギ・ステアリン酸カルシウム

公式サイトはこちら

慈凰

価格
9,800円(税込)
配合成分
海洋性アンセリン・菊花ポリフェノール・シークワーサーフラボノイド・赤ワインエキスほか

公式サイトはこちら

痛風に良い食事を食品別にチェック
パン・ご飯
肉・魚
野菜・果物
飲料
食材ごとのプリン体含有量一覧
痛風対策に注目されている健康食品成分
クエン酸
アンセリン
DHA
ビタミンE
ほんとうに怖い痛風の原因と治療法
そもそも痛風とは
主な治療法について
症状を緩和する食生活について
切っても切れない痛風と尿酸値の関係
尿酸値が高いと起こる病気
尿酸値を下げるには
特集!
尿酸値を下げる成分を含むサプリ一覧
恵葉プレミアム
白井田七
慈凰
菊花ポリフェノール
オリーゼ210
サン・アンセリン
アンセリン 30日分
アンセリンB
DHA&EPA+セサミンEX
のみたいな