HOME » 痛風に良い食事を食品別にチェック » 食材ごとのプリン体含有量一覧

食材ごとのプリン体含有量一覧

ここでは、痛風の治療ガイドラインに記載されている食材ごとのプリン体含有量一覧や、食事で気をつけたいポイントなどをまとめています。

プリン体の多い食べ物と少ない食べ物

日本痛風・ 核酸代謝学会が定めた「高尿酸血症や痛風の治療ガイドライン」では、プリン体の摂取制限は「1日あたり400mg」が目安と示されています。

また、ガイドラインでは食品のプリン体含有量(食品100gあたりに含まれる量)に応じて、

  • 300mg以上→非常に多い
  • 200~300mg→多い
  • 50~100mg→少ない
  • 50mg以下→極めて少ない

の4つのグループに分類されています。

ここでは、主な食材ごとのプリン体含有量一覧を紹介したいと思います。

食材ごとのプリン体含有量一覧

プリン体含有量300mg以上(極めて多い) プリン体含有量200~300mg(多い)
・魚…鰹節(493mg)、煮干し(746mg)、マイワシの干物(305mg)
・肉…鶏レバーの肉エキス・肉汁(312mg)
・きのこ…干し椎茸(379mg)
・肉…豚レバー(284mg)
・甲殻類…大正えび(273mg)
・魚…マイワシ(210mg)、かつお(211mg)
プリン体含有量50~100mg(少ない) プリン体含有量50mg以下(極めて少ない)
・野菜…カリフラワー(57mg)
・肉類…プレスハム(74mg)
・魚類…うなぎ(92mg)
・魚類加工品…つみれ(67mg)
・穀類…白米(25mg)
・豆類…冷奴(31mg)
・野菜…もやし(44mg)
・魚類…すじこ(15mg)
・卵…鶏卵(0mg)

痛風対策を無理なく行うには

プリン体は美味しい食べ物に多く含まれているため、すべて我慢してしまうとストレスになります。

プリン体だけを減らすのは難しいので、まずは食事量を全体的に減らして、美味しい物を少し入れるように工夫してみましょう。

とはいえ、あまり厳しく食事制限をしすぎると、それがもとで体調を崩してしまうことになりかねません(じっさいにそういう方も少なからずいるようです)。

健康を維持できる範囲でプリン体の摂取量に気を使い、まんべんなく栄養を摂取することが重要なのです。

評判の痛風対策サプリメント3選

恵葉プレミアム

価格
7,980円(税込)
配合成分
アンセリン・キャッツクロー・ケルセチン・葉酸(ほうれん草)・ビタミンC(レモン)・海藻・ヨモギ・酸化マグネシウム

公式サイトはこちら

サン・アンセリン

価格
9,612円(税込)
配合成分
アンセリン・エゾウコギ・ステアリン酸カルシウム

公式サイトはこちら

慈凰

価格
9,800円(税込)
配合成分
海洋性アンセリン・菊花ポリフェノール・シークワーサーフラボノイド・赤ワインエキスほか

公式サイトはこちら

痛風に良い食事を食品別にチェック
パン・ご飯
肉・魚
野菜・果物
飲料
食材ごとのプリン体含有量一覧
痛風対策に注目されている健康食品成分
クエン酸
アンセリン
DHA
ビタミンE
ほんとうに怖い痛風の原因と治療法
そもそも痛風とは
主な治療法について
症状を緩和する食生活について
切っても切れない痛風と尿酸値の関係
尿酸値が高いと起こる病気
尿酸値を下げるには
特集!
尿酸値を下げる成分を含むサプリ一覧
恵葉プレミアム
白井田七
慈凰
菊花ポリフェノール
オリーゼ210
サン・アンセリン
アンセリン 30日分
アンセリンB
DHA&EPA+セサミンEX
のみたいな