野菜・果物

プリン体を多く含む食品が痛風にとって悪い食べ物(肉・魚の内臓等)であるのに対し、尿をアルカリ性に近づける働きを持つアルカリ性食品(野菜・果物)は、痛風にとって良い食べ物と言われています。

痛風対策に野菜や海草がおすすめな理由

フルーツの画像

これは、尿がアルカリ性に近づくと血液中に尿酸が溜まりにくくなり、尿酸値が下がるためです。

痛風は、おもに血中尿酸値が7mg/dl以上の方が発症すると言われていますから、尿酸値を下げることは、痛風対策に必要不可欠なのです。

アルカリ性の食品は、下記の通りです。

  • 野菜類…ほうれん草や小松菜、トマト、春菊などの緑黄色野菜。大根やかぶなどの根菜類。じゃがいもやサツマイモなどの芋類。
  • きのこ類…しいたけ、まいたけ、しめじ、えのき等。
  • 果物類…いちごやバナナ、グレープフルーツ等。

こうした食材を意識して食事で摂ることで、尿酸値を下げることができるとされています。

生活習慣病の予防にも力を発揮する海藻類

特に、意識して食事で摂りたいのがわかめ、もずくなどの海藻類です。

紅藻類(こうそうるい)の天草(あまくさ)を原料とした寒天は、一時期ダイエットブームの立役者になりましたし、食物繊維をたくさん含んでいるのでコレステロールの吸収を抑制するはたらきもあります。

また、わかめやもずくなど、海藻類のぬめり成分に含まれる水溶性食物繊維には、糖やコレステロールが身体に吸収されるのを抑えるはたらきがあり、痛風の予防・対策にはぴったりの食材と言われています。

これらの食材を見ると、どれも低カロリーでヘルシーな食材ばかり。日常的にこうした食事メニューを意識すれば、肥満解消にも繋がり、結果的に生活習慣病を予防することにもなります。

最近は高品質な健康食品も多く販売していますので、毎回メニューに気を使うのが負担、というような場合は、こうしたアイテムを活用するのも手。

小さなことから少しずつ気をつけていけば、末永い健康生活を送ることができるはずです。

 

評判の痛風対策サプリメント3選

恵葉プレミアム

価格
7,980円(税込)
配合成分
アンセリン・キャッツクロー・ケルセチン・葉酸(ほうれん草)・ビタミンC(レモン)・海藻・ヨモギ・酸化マグネシウム

公式サイトはこちら

サン・アンセリン

価格
9,612円(税込)
配合成分
アンセリン・エゾウコギ・ステアリン酸カルシウム

公式サイトはこちら

慈凰

価格
9,800円(税込)
配合成分
海洋性アンセリン・菊花ポリフェノール・シークワーサーフラボノイド・赤ワインエキスほか

公式サイトはこちら

痛風に良い食事を食品別にチェック
パン・ご飯
肉・魚
野菜・果物
飲料
食材ごとのプリン体含有量一覧
痛風対策に注目されている健康食品成分
クエン酸
アンセリン
DHA
ビタミンE
ほんとうに怖い痛風の原因と治療法
そもそも痛風とは
主な治療法について
症状を緩和する食生活について
切っても切れない痛風と尿酸値の関係
尿酸値が高いと起こる病気
尿酸値を下げるには
特集!
尿酸値を下げる成分を含むサプリ一覧
恵葉プレミアム
白井田七
慈凰
菊花ポリフェノール
オリーゼ210
サン・アンセリン
アンセリン 30日分
アンセリンB
DHA&EPA+セサミンEX
のみたいな