痛風の食事ナビ » ほんとうに怖い痛風の原因と治療法 » 症状を緩和する食生活について

症状を緩和する食生活について

肥満と痛風について

痛風や高尿酸血症は、食事療法によって改善する病気として知られています。特に、肥満症の人は痛風になりやすいと言われていて、そういう面からも食事については気をつけておかなければなりません。

国内だけでなく世界的な疫学研究においても、肥満と尿酸値には相関関係があることがわかっています。特に、内臓脂肪が多い人は、高尿酸血症になる割合が高く、血清尿酸値が高くなる傾向にあります。

尿酸の値は「プリン体」の摂取が問題にあることはわかっていて、痛風を防ぐためには「プリン体」をなるべく控えることが大切です。

そのため、「ビール」や「レバー」などの比較的多くのプリン体が含まれている食品を、制限するのが一般的です。しかし、肥満症の場合は、過食されているケースが多いため、それだけで痛風に至ってしまうことがあります。

プリン体は様々な食品に含まれています。

肥満症の人が痛風や高尿酸血症を伴うことが多いのは、「過食」が原因と言われています。実はプリン体というものは、細胞の核に含まれる成分ですので、野菜にも、豆類にも、肉・魚など様々な食べ物に含まれています。

実はビールなどよりも白米やお肉の方が、プリン体の含有率は高いと言われています。そのため、肥満症の人で日々の食事の量が多い人は、それだけプリン体の摂取量が多くなることになります。

プリン体の摂取量が増えれば、血清尿酸値の量も必然的に増えますので、高尿酸血症や痛風になってしまう可能性が高くなります。ただの過食だけでなく、肥満症の人は基本的に「肉」や「内臓」などのプリン体が多く含まれている食べ物を好む場合も多いため、相対的に痛風になりやすいとも言えます。

肥満症は痛風ばかりでなく、さまざまな病気に関係している。

肥満症にも色々な種類がありますが、大きく分けると「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」の二つに分けられます。この二つの内特に「内臓脂肪型肥満」は、メタボリックシンドロームになりやすいとされています。

メタボリックシンドロームというのは、代謝の異常症候群のことですが、肥満があることで「高脂血症」や「高血圧」などになりやすいと言われています。

これら一つ一つが、年月をかけて体に少しずつ負担を与えていくことで、動脈硬化が進み、時には心筋梗塞などの重篤な病気を発症することにもなります。

つまり、肥満を解消することは「痛風」の予防だけでなく、このような生活習慣病の予防にもなることも覚えておくことが大切です。

肥満症である人の痛風に対する食事について

(1)予防に関して

肥満から高尿酸血症になり、さらに痛風発作が起こってしまうことを防ぐために、まず行うべきは「減量」です。尿酸値が高い人で、太っている人は、とりあえず痩せることで尿酸値が正常化することが多く、それだけでも予防の効果があります。

さらに、尿酸の排泄を促す目的で、水分の摂取も重要となります。尿からの尿酸の排泄率を上げることは、痛風の予防にも効果的であり、水分を多く摂取して排泄量を増やすことも大切なポイントです。

こちらは肥満症に限らずですが、アルコールを飲みすぎないというのも予防方法の一つです。アルコールが尿酸の排泄を抑制するような物質を作ったり、利尿作用から尿酸の排泄の抑制と体水分量が減少してしまうことから、血清の尿酸値が上がってしまいます。

肥満の人はこのような部分に関して、食事に注意しておきましょう。

(2)肥満症を解消するための食事のポイント

まずは自分が肥満であるかの判定についてですが、BMIというもの利用して判定を行います。

BMIは体重÷身長×身長で導き出され、体重はkg(キログラム)、身長はm(メートル)で算出します。その数値は22を標準とし、25から上が肥満という位置付けになっています。(日本肥満学会による肥満の判定基準(1999.10新基準))

基本的には1日の消費エネルギーよりも、摂取エネルギーの方が小さくなることで減量することができます。エネルギーの目安としては、標準体重×25~30kcalで計算するのが一般的です。(標準体重は、身長×身長×22で算出することができます。)

あくまでもこれは一例ですので、これで痩せなければ運動などを並行して行うことが大切です。急激なカロリーカットは痩せるかもしれませんが、リバウンドしやすい体となってしまいます。

医師からカロリーや食事の制限が出ている場合は、この限りではありません。支持された食事内容を守るようにしましょう。

(3)栄養のバランスを取ることも大切

健康的な減量を目指すためには、摂取エネルギーと栄養素のバランスも大切なところです。

炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維とそれぞれが体に必要な成分ですので、痩せたいからと言って、何かを極端に摂取しないような食事の摂りかたはよくありません。

何事もバランスが大切です。食品に関しては「脂肪分の少ないお肉の選択」「インスタント食品などは避ける」「和の料理に近づけ油分は少なめに」などポイントはいくつかあります。

しっかりとポイントを押さえて、肥満ひいては高尿酸血症や痛風を予防していきましょう。

高血圧を伴う痛風や高尿酸血症

高尿酸血症が肥満と関係するように、痛風や高尿酸血症は、生活習慣病としての位置付けとなってきています。

この中で、高血圧を合併した高尿酸血症という人も多くいます。

肥満と同様に、高血圧も通常時は自覚症状も少なく放置されやすい病気の一つです。先ほどもご紹介しましたが、高血圧を放っておくと、動脈硬化が進ませ、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な合併症を引き起こす場合もあります。

そのため、

高血圧合併高尿酸血症患者に対しては,高尿酸血症の発症に関連する生活習慣を同時に改善する「総合的な臓器のリスク回避」を目指し,まず生活指導を行う。

というガイドラインもあるほどです。

合併症を来たしやすい生活習慣病ですので、しっかりとコントロールしていくことがポイントなのです。

高血圧の伴う高尿酸血症、痛風の食事について

(1)塩分の制限

肥満症の場合は、カロリーの摂取制限などで対応して行きますが、高血圧症がある場合は、それ加えて「減塩食」と呼ばれる、塩分を制限する食事が大切と言われています。

料理によく使われる食塩は取りすぎることで、血圧を上げる要因となっていることは、よく知られているところです。そのため、料理をするに当たって塩分を濃くしすぎないということは大切なところです。

味付けの濃い食事は、ご飯を食べる量が多くなってしまい、過食やプリン体の面を考えても良くありません。しかし、塩分が少ないのは味気なくなってしまいます。

そのため、「辛味」「酸味」「うまみ」などを利用して、満足感の絵やすい味付けを工夫することが大切です。

(2)食物繊維をしっかりと摂取する

食物繊維を摂ることは、高血圧の予防のためだけでなく、便秘や肥満に対しても効果があることが知られています。

特に水溶性食物繊維であるアルギン酸という成分は、ナトリウムの排出効果があるため、高血圧の予防に期待ができます。実際に、人やラットの研究において、水溶性食物繊維を摂取した軽度高血圧群の血圧が優位に低下したという結果もあります。

塩分制限と同様に食物繊維をしっかりと摂取することも、高血圧の予防のひとつのポイントになっています。

痛風の方におすすめのレシピ

<さばと秋野菜の中華風炒め>

高カロリーになりがちな竜田揚げをアレンジしたヘルシーメニュー。

さばに片栗粉をまぶして香ばしく焼き、調味料をからませることで薄味でも濃厚なテイストに。

玉ねぎ、ピーマン、なすなどの野菜は尿をアルカリ化する働きがあります。

【材料】2人分

  • (A)塩 小さじ1/8|しょうが汁 小さじ1/2|酒 小さじ1
  • (B)オイスターソース 小さじ1|しょうゆ 小さじ2|酒 小さじ1|こしょう 少々|ラー油 小さじ1/2
  • 片栗粉 小さじ2|さば 2切れ|玉ねぎ 1/4|ピーマン 1個|ナス 1個|しめじ 1/2パック|ニンニク 1/2かけ|しょうがの薄切り 2枚|植物油 小さじ2

【作り方】

痛風向けレシピ さばと秋野菜の中華風炒め

  1. さば1切れを3~4つにそぎ切り、Aをからめて片栗粉をまぶす。
  2. 玉ねぎとピーマンは7~8mmの幅に切る。
    ナスは皮をむいて縦半分に切り、斜めの薄切りにして水にさらす。
    しめじは根元を落としてほぐす。にんにくとしょうがは千切りにする。
  3. フライパンに半量の油を熱し①を並べて、
    両面にこんがり焼き色がつくまで火を通し、別皿に取り出す。
  4. あいたフライパンに残りの油を熱し、
    玉ねぎ・ナス・にんにく・しょうがを入れて炒める。
    玉ねぎが透き通ってきたら、ピーマン、しめじを加えて炒める。
  5. 3を戻し入れ、Bを加えて全体にからめ、仕上げにラー油をまわしかけて完成。
 

レタスと牛肉のオイスターソース炒め>

酸性の尿をアルカリ化する働きをもつレタスを使ったレシピ。

牛肉に下味をつけておけば、薄味にしても物足りなさを感じさせません。

【材料】2人分

  • (A) しょうゆ 小さじ1|酒 小さじ1
  • (B) オイスターソース 小さじ1|酒 大さじ1 1/2|中華スープの素(顆粒) 小さじ1/2|塩、こしょう各少々
  • かたくり粉 小さじ1|植物油 小さじ1|長ねぎ 1/2本|しょうが 1/2かけ|植物油 大さじ1強|レタス 1/2玉|牛赤身肉(薄切り)150g

【作り方】

痛風向けレシピ レタスと牛肉のオイスターソース炒め

  1. レタスはざく切りにする。
  2. 牛肉は一口大に切り、Aをもみ込んで下味をつけておく。
  3. ねぎは3cm長さの短冊切り、しょうがは細切りにする。
  4. Bの調味料を合わせておく。
  5. おおさじ半分くらいの油で1を素早く炒め、別皿に取り出す。
  6. 続いて、2を中火で炒め、色が変わってきたところで3・4を加える。最後に5を戻し入れて、完成。
 

ツナと豆腐の和風サラダ>

ドレッシングをツナにからませておくことがポイント。

あらかじめ、ツナに味をつけておくことで、少ない調味料でも全体に味がいきわたり減塩できます。

手作りドレッシングで、脂肪の量とカロリーをコントロールしましょう。

【材料】2人分

  • (A) しょうゆ 小さじ2|酢 大さじ1|ごま油 小さじ2|こしょう 少々
  • ツナ(水煮缶) 100g|木綿豆腐 200g|レタス 2枚|きゅうり 1本|水菜 20g|大根 80g|青じそ 4枚

【作り方】

痛風向けレシピ レタスと牛肉のオイスターソース炒め

  1. ツナ缶は缶汁をきってほぐし、
    Aの調味料を加えて味をなじませる。
  2. 豆腐は水気を軽くきり、
    2~3cm角に切る。
  3. レタスは食べやすくちぎる。
    きゅうり・大根を千切りにし、同じく水菜も
    適度な長さに切る(しそは適宜千切る)。
  4. 3を軽く混ぜて器に盛り、豆腐を散らし、
    ①のツナをドレッシングごとかける。
 

フレッシュトマトの冷たいパスタ>

見た目のボリューム感やうまみを倍増させるトマトを使うことで満足感を引き出すレシピ。

ニンニクは生ハムに含まれるビタミンB1の吸収を助け、糖質の代謝を促してくれます。

【材料】2人分

  • ミニトマト 250g|にんにく 1/4かけ|バジル 適量|生ハム 6枚|オリーブ油 大さじ1 1/2
    塩 大さじ1/4|スパゲッティ(乾) 130g

痛風向けレシピ フレッシュトマトの冷たいパスタ

【作り方】

  1. ミニトマトは縦半分に2等分し、
    にんにくはみじん切りにする。
  2. 生ハムは手でちぎり、バジル・オリーブ油・塩とよく混ぜる。
  3. 2を冷蔵庫に入れ2~3時間おき、味をなじませる。
  4. スパゲッティと塩を適量加えて茹でた後は、冷水にさらして水気を良く取り、
    1と2をあえれば完成です。

評判の痛風対策サプリメント3選

恵葉プレミアム

価格
7,980円(税込)
配合成分
アンセリン・キャッツクロー・ケルセチン・葉酸(ほうれん草)・ビタミンC(レモン)・海藻・ヨモギ・酸化マグネシウム

公式サイトはこちら

サン・アンセリン

価格
9,612円(税込)
配合成分
アンセリン・エゾウコギ・ステアリン酸カルシウム

公式サイトはこちら

慈凰

価格
9,800円(税込)
配合成分
海洋性アンセリン・菊花ポリフェノール・シークワーサーフラボノイド・赤ワインエキスほか

公式サイトはこちら

痛風に良い食事を食品別にチェック
パン・ご飯
肉・魚
野菜・果物
飲料
お菓子・甘いもの
ラーメン・麺類
食材ごとのプリン体含有量一覧
痛風対策に注目されている健康食品成分
クエン酸
アンセリン
DHA
ビタミンE
ほんとうに怖い痛風の原因と治療法
そもそも痛風とは
主な治療法について
通風の食事制限を無理なくこなすコツ
症状を緩和する食生活について
女性にも増えている痛風対策
20代でも気をつけたい痛風対策
切っても切れない痛風と尿酸値の関係
尿酸値が高いと起こる病気
尿酸値を下げるには
特集!
尿酸値を下げる成分を含むサプリ一覧
恵葉プレミアム
白井田七
慈凰
菊花ポリフェノール
オリーゼ210
サン・アンセリン
アンセリン 30日分
アンセリンB
DHA&EPA+セサミンEX
のみたいな