HOME » 切っても切れない痛風と尿酸値の関係 » 尿酸値が高いと起こる病気

尿酸値が高いと起こる病気

ここでは、尿酸値が高いと起こる病気(痛風・高血圧・そのほか生活習慣病)にかんする情報をまとめています。

尿酸値と痛風の関係

痛風と深い関係をもつ尿酸値について解説したいと思います。

尿酸値とは、血液中における尿酸の濃度を表したもので、尿酸値が7.0mg/dl以上あると高尿酸血症と診断されます。

尿酸とは、細胞の中にあるプリン体が分解されて生じる老廃物のこと。

プリン体は、新陳代謝の過程で放出されたり、身体を動かす時に使われるエネルギーの燃焼によって作られたりする物質です。

普段からプリン体を過剰摂取していると、腎臓などの内臓に少しずつ尿酸がたまってしまい、尿酸塩という結晶になります。

この結晶が、人体の守り手である白血球に攻撃される過程で、血管を拡張する物質を放出。血管が拡張されることで神経が引っ張られ、激痛を引き起こします(この痛みは、骨折以上とも言われています)。

これが、いわゆる痛風発作です。

さらに、尿酸値が高いまま放置していると腎臓結石ができやすくなり、なにかの拍子でこの結石が腎臓から膀胱、尿管を通ってしまうことがあるのですが、この場合もかなりの激痛をともないます。こうなったら救急外来で処置してもらうほかありません。

さまざまな生活習慣病と合併症を起こす危険も!

尿酸値の高い状態を放置すると、脳卒中・狭心症・虚血性心疾患などのリスクが数倍に高まると言われています。

また、ほかにも、腎臓食害・尿路結石・心筋梗塞・脳血管障害・高血圧症・高脂血症・糖尿病など、全身のあらゆる所に合併症が起こる可能性も高まります。

痛風の患者のなかで、合併症をひとつも持っていない人は、わずか4%に過ぎないというデータもあります。

痛風の病気そのもので死に至るわけではありませんが、このように、尿酸の代謝異常が起因となり、多くの臓器を侵す可能性があるのです。痛風は、放っておくと恐い、全身病であることを知っておきましょう。

評判の痛風対策サプリメント3選

恵葉プレミアム

価格
7,980円(税込)
配合成分
アンセリン・キャッツクロー・ケルセチン・葉酸(ほうれん草)・ビタミンC(レモン)・海藻・ヨモギ・酸化マグネシウム

公式サイトはこちら

サン・アンセリン

価格
9,612円(税込)
配合成分
アンセリン・エゾウコギ・ステアリン酸カルシウム

公式サイトはこちら

慈凰

価格
9,800円(税込)
配合成分
海洋性アンセリン・菊花ポリフェノール・シークワーサーフラボノイド・赤ワインエキスほか

公式サイトはこちら

痛風に良い食事を食品別にチェック
パン・ご飯
肉・魚
野菜・果物
飲料
食材ごとのプリン体含有量一覧
痛風対策に注目されている健康食品成分
クエン酸
アンセリン
DHA
ビタミンE
ほんとうに怖い痛風の原因と治療法
そもそも痛風とは
主な治療法について
症状を緩和する食生活について
切っても切れない痛風と尿酸値の関係
尿酸値が高いと起こる病気
尿酸値を下げるには
特集!
尿酸値を下げる成分を含むサプリ一覧
恵葉プレミアム
白井田七
慈凰
菊花ポリフェノール
オリーゼ210
サン・アンセリン
アンセリン 30日分
アンセリンB
DHA&EPA+セサミンEX
のみたいな